お悩み症状一覧

シミ

シミシミは、主に紫外線などによって、肌の内側で生成されたメラニン色素が沈着することで発生します。
加齢に伴い肌のターンオーバーが低下すると、メラニン色素が沈着しやすくなり、それに伴いシミもできやすくなります。
シミの種類に応じた、適切なスキンケア・治療を行うことが大切です。誤った方法でケアをすると、効果がないばかりか、悪化することもあるので注意が必要です。

シミの種類

老人性色素斑

加齢、紫外線(日焼け)などを原因として生じるシミです。
境目が明瞭であり、色が濃く均一という特性を持ち、それゆえに目立ちやすくなります。紫外線にあたる機会の多い顔、手の甲などでよく見られます。

シミについて詳しく

そばかす

直径1~3ミリ程度の小さなシミが、鼻および左右の頬に広範囲に現れます。
遺伝性があり、幼少期から発生するケースも珍しくありません。またそばかすは、紫外線を浴びることで色が濃くなり、目立ちやすくなります。

肝斑

老人性色素斑、そばかすと比べて、境目がぼんやりした現れ方をするシミです。また、頬骨や目尻のあたりに、左右対称に現れるという特徴を持ちます。
主な原因は、女性ホルモンのバランスの乱れと言われています。そのため、更年期が迫った40歳くらいから頻度が高くなります。妊娠やピルの使用をきっかけとして生じることもあります。
また、摩擦や刺激、合っていない化粧品の使用によって悪化することがあります。

肝斑について詳しく

シワ

シワシワは、加齢、乾燥、紫外線、表情の変化による繰り返しの皮膚の伸縮など、さまざまな原因によって発生し、また放置していると次第に深くなっていきます。
タイプに応じて、適切な対策を立てましょう。

シワの種類

乾燥シワ・小ジワ・ちりめんジワ

主に肌の水分や柔軟性が失われること、つまり「乾燥」を原因として発生します。目尻、口回りにできるケースが多くなります。
シワの中では、適切なスキンケアや治療などによって改善しやすいタイプです。

大ジワ

加齢、紫外線などを原因としてコラーゲンやエラスチンが低下し、肌の弾力が失われることで、真皮にまで達する大きなシワができます。
ご自身で行うスキンケアではほぼ改善できません。

ほうれい線・たるみシワ(目の下のシワ)

加齢や紫外線、表情筋の衰えなどによって皮膚がたるむことでできるシワです。また、加齢や運動不足などによる新陳代謝の低下も、お顔の脂肪を増やすことから、ほうれい線やたるみシワの原因となります。
原因であるたるみを改善しつつ、シワ対策をする必要があります。

表情ジワ

表情の変化には、肌の伸縮を伴います。眉間、目尻などに繰り返しシワが寄ることで、表情を戻しても跡が残り、次第にはっきりとしたシワになります。
無意識にシワを寄せていないか、気をつけてみましょう。表情筋に対するマッサージなども有効です。

シワについて詳しく

たるみ

たるみたるみは、紫外線や表情筋の衰え、あるいは加齢に伴う新陳代謝の低下などによって、皮膚が垂れてくることを指します。皮膚が垂れるとその下にはシワができたり影が目立ったりすることから、多くの方が気にされています。
適切なスキンケア、治療によって、たるみを改善・予防していきましょう。

くすみ

くすみ乾燥、加齢、紫外線、血行不良などを原因として、本来の透明感・ツヤが失われている状態を指します。肌のトーンが暗く見えることから、お顔全体が年齢を重ねた印象に映ってしまいます。
毎日のスキンケアを見直しながら、必要に応じて治療を導入しましょう。

ニキビ・ニキビ跡

ニキビ

ニキビ・ニキビ跡毛穴に皮脂が詰まり、炎症を起こした状態をニキビと呼びます。
10代で見られる「思春期ニキビ」は額や鼻などのTゾーンに、20代以降で見られる「大人ニキビ」は顎などフェイスラインに発生することが多くなります。

ニキビについて詳しく

ニキビ跡

ニキビの炎症は治まったのに、赤みや色素沈着、あるいはクレーターやしこり・ケロイドとなって跡が残ることを指します。
タイプごとに適切なスキンケア、治療を行うことで改善が可能です。

ニキビ跡について詳しく

いぼ・ほくろ

いぼ・ほくろ

いぼ

加齢、ウイルス感染などを原因として、皮膚の表面にできる隆起のことを指します。
色や大きさなどさまざまです。基本的に良性ですが、悪性である可能性も考慮して治療する必要があります。

いぼについて詳しく

ほくろ

主に紫外線によって、メラニン色素が沈着することで発生します。
いぼと同様にほとんどが良性ですが、悪性の可能性を考慮した診断・治療を行います。境目がぼんやりしたもの、色が極端に濃いもの・濃淡があるものは、特に注意が必要です。

ほくろについて詳しく

いぼ・ほくろにおすすめの
治療方法

毛穴

毛穴加齢に伴う新陳代謝の低下などによって角栓が生じ、毛穴を押し広げられると、ポツポツと目立ってしまいます。
肌のたるみや乾燥が原因になっていることもあるため、患者様の毛穴の開きの原因をはっきりさせた上で、適切なスキンケア・治療を行います。

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)遺伝、男性ホルモンの影響によって、髪の毛の周期に異常をきたして発症する疾患です。本来であれば何年もかけて成長する髪の毛が早くに成長を終えて脱毛に至ることから、薄毛になります。
国内における男性のAGA発症率は20代で約10%、30代で約20%と若い世代でも高くなっています。50代以降になると、約40%がAGAを発症しています。

AGAについて詳しく

全身脱毛・ひげ脱毛・
介護脱毛(医療脱毛)

全身脱毛・ひげ脱毛・介護脱毛(医療脱毛)清潔感や見た目、将来的な介護のことなどを考慮して、全身脱毛を行う方が増えています。医師がいる医療機関であれば、確実性・安全性の高い脱毛が可能です。
当院では、痛みを軽減する蓄熱式の脱毛器「メディオスターNeXT PRO」を導入しています。男性のひげ脱毛や介護脱毛にも対応します。

医療脱毛について詳しく

肥満・ダイエット

肥満・ダイエット国内では糖尿病治療薬として、海外では肥満治療薬として広く使用される「GLP-1受容体作動薬(リペルサス)」を導入したメディカルダイエットを行っています。
GLP-1受容体作動薬によって食欲を抑えることで、無理な食事制限や運動を行わなくても、自然と痩せやすい身体を作ることが可能です。

リベルサスについて詳しく

TOP